感じたことを大切に!新刊ラジオの方にエモーショナルな「アウトプット読書術」を学んできました #tokyohack014

シェアしていただけると嬉しいです。

このブログで書く以外は、読後にアウトプットしたことがないみーなです。小学校の頃は、読書感想文を書くのが大の苦手でした。

「東京ライフハック研究会」にて、Podcast番組の「新刊ラジオ」の矢島雅弘氏のお話を伺う機会がありましたので、グッときたところを書き留めます。今まで意識していなかったことがたくさんあって、とても勉強になりました!

FullSizeRender 10

そして、矢島雅弘氏の新刊です!

読まされる読書は、非常にもったいない!


σ(^_^;)
…自分のことです(^^;
寝落ちするために本を読んだりしていたり、記録するのが嫌いで読書メモも残していなかったり、完全に受け身の読書でした。
本さん、ごめんなさい。

著者と会話して、思いを読み取ってみる!


まずは、自分がどのように感じるかを意識します。
「すげー」とか、そんな一言の感情でいいんです。

自分がどのように感じるかわかったら、次には、著者と親しくなってみましょう。
著者がどのような生い立ちを経た人なのか、著者のことを理解してみます。自分と著者との共通点を見つけることができると本を読み進めるのが楽しくなりそうですね!
さらに、どのような思いでこの本を書いたかを読み取って、書いてあることに対して疑問や意見を持ったりすることで、少しずつ本が自分のものになっていきます。

最近のビジネス書は、手段がダイレクトに書いてあります。
おぉぉっ!と一時的にはテンション上がって、やるぞー!と思うのですが、長続きしないのです。
手段を覚えるだけでなく、著者の思いを理解しながら読むことが大切だったのですね。

著者とガチで向かい合って、思いを読み取る。
人間関係と全く同じだと感じました。

スポンサーリンク

いったんは、すべてを受け止める!


読書は、「著者との対話」とするなら、一度は書いてあることをすべて受け止めます。
否定したり、拒否したりもしたくはなりますが(^^;、受け止めることで、豊かでポジティブな学びに繋がっていくそうです。

…ごめんなさい。
本を読みながらも、相当取捨選択しておりました。
読む本は、一度はきちんと受け止めます。

一言で伝えるためのノウハウ


1. 「何のために」「何を」「どうする」
2. 「3C」を使う
・Compare:例えば〜のよう
・Can:〜できる、〜する
・Change:〜に変える、置き換える

これらを、ムダな言葉をすべて削って表現すると良いそうです!

相手の興味を引く本の紹介方法


以下のうち、どのようなことに興味を持ちそうか、相手によって使い分けてみると良いそうです。

・実益重視型:仕事に役立つ本
・理論理屈重視型:事例を豊富に紹介、新しい発想
・人生模索型:元気が出る本、感動した本
・情報敏感型:流行してるんだって〜
・雑学愛好型:ニッチなものを紹介

読書メモはメディアマーカーがオススメ!


Hacks for Creative Life!のbeckさんからです。

自分の記録となるだけでなく、読書メモをTwitter、Facebook、Evernoteに送ることもできます。
引用文もつけてくれるというのも、ブログで紹介するときには便利そうです。
早速登録してみます!
メディアマーカー

参加者のみなさんも読書好き(^^)


今回は、矢島さんの「新刊ラジオ」のリスナーさんが大半を占めており、その他の参加者の方も読書好きな方ばかりでした。参加者の中で私がダントツで真面目に読書をしてない人だったと思います^_^;

そんな中、「最も感銘を受けた本について紹介しなさい」という鬼のようなワークがありました。

「好きな本は?」
「好きな映画は?」
と聞かれて答えられない私…

…如何に本に感銘を受けずに育ったかがよくわかりますね。

今回は、直近で「すげーーー!」と感じた「デッドライン仕事術」をあげました。
あまりに感動したので、私も感想文書いちゃいました↓
全てのサラリーマンの必読書!!「クラウド版 デッドライン仕事術」

そうです、残業が当たり前と思っているすべてのサラリーマンに読んでほしいんですっ!!
…なんとか伝わったようで一安心しました(^^)

参加者のみなさんのオススメ本


同じテーブルでお世話になった
しのジャッキーさん。読書イベントも主催されていらっしゃいます!
そんなしのジャッキーさんの今年No.1のオススメ本です。

今年のオススメ本に挙げられることも多かったこちらの本。
タイトルだけみると「他人の目は気にせずに自分の好きなように生きなさい!」という感じに思えたのですが、少し違うみたいです。

対話形式が多い本なので、オーディオブックで聴くのもとってもオススメです!

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えのオーディオブック情報 – FeBe(フィービー)

同じグループの方のもう一人の方のオススメ本。
文化財の保存方法って、国によっていろいろ異なるのですね〜。

ライフハックブログKo's Styleのコウスケさんオススメの一冊です。
マインドマップを使った読書法をブログで多数紹介されていらっしゃるコウスケさんのオススメ本は、絶対読まなければ!!

感情って、なかなかコントロールできないですよね(^^;
感情のメカニズムを精神科医のコンビが書かれた本です。

日本史って苦手なんです〜。
日本史は苦手なんですが、地理の本っぽいので、案外取り付きやすいかもしれません(^^)

ある日、中1のお嬢さんに相談を受けてから、娘とマジトークする時間をゲットできたお父さん。
お嬢さんとのマジトークをブログに載せたところ、2日で100万PVを突破(!)
そんなお嬢さんとのマジトークの内容が書いてあります。

お父さんて、大変なんですね…

オトバンクの上田氏のオススメ本です。

今回の主催者のbeckさんのオススメ本にも興味津々でした。

さいごに


読んでいる本の数は少なくはないほうだと思っていますが、「読みっぱなし」がほとんどで、どんな本だったかすら忘れているものがほとんどです(^^;
今まで如何に真剣に本を読んでこなかったか、よーくわかりました。反省。

Kindle本を大人買いしてしまいましたが、
Kindle本の年末年始セールがお買い得すぎる!こんな本を買いました
ちょうどいいタイミングで、読んだものを身につけるノウハウを教わることができました。

読んだ本の記録をきちんと残す手段として、メディアマーカーを教えていただきました。
今までは、次の本を早く読みたくて、読書メモを残すための時間を取ってきませんでしたが、メモに残したりして1冊の本をきちんと自分のものにしていく時間は必要だと感じました。

FullSizeRender 12