飲酒運転撲滅!〜アルコール濃度ってどれぐらいか調べてみましょう

シェアしていただけると嬉しいです。

仕事柄、飲酒運転にはとても厳しいです。

今回、飲酒運転撲滅のための運動で、面白いホームページを見つけました。

スポンサーリンク

飲酒シミュレーション、です。


自分の体重と飲酒量を入力するだけで、アルコールの分解時間を計算してくれます。

こちらは、アルコールチェッカー大手の東海電子さん。

飲酒シミュレーション | 東海電子株式会社

こちらは、サントリーさんです。
お酒の強さというファクターがあるのと、アルコール分解に必要な水分量を紹介してくれます。

アルコール血中濃度を計算してみましょう 酒は、なによりも、適量です。 サントリー

試しに体重80kgの同僚がやってみたところ、ビール10杯で17時間というデータが出ました。次の日年休を取らないといけないレベルですね(^^;

念のため、アルコールチェッカーでも計ってみましょう。


上記シミュレータでだいたいのアルコール分解までの時間が出ますが、概算です。
アルコールチェッカーはだいたい2000円程度で買えますので、飲酒が好きなドライバーの方は一本用意しておき、飲酒時の習慣付けにすると良いと思います。

飲み会に持って行ってみんなで試すのも、面白いですよ^^

飲酒運転による検挙の基準は一応「呼気中アルコール濃度が0.15mg以上」とのことですが、数値だけでなく見た目の泥酔度合いでも判断されるようです。

「購い(あがない)の日々」

東京都交通安全協会さんのホームページで載せている、飲酒運転で事故を起こした方の手記です。
これ読んだら、怖すぎて、絶対飲酒運転できなくなります。
怖すぎるけど、怖いもの見たさでぜひ一度読んでみてください。

ビールが美味しい季節になりますが。


絶対飲酒運転しないように以下のことを守りましょう!

  • お酒を飲んだら絶対運転しない
  • 一晩経ってからでも危ない

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします