コーチ・カルダンさんに、プレゼンのココロを教わりました!

シェアしていただけると嬉しいです。

コーチ・カルダン氏のセミナーに参加してきました。
日本語でのセミナーとのことで、安心しました(^^)
きちんと聞き取れるか心配でしたが、流暢すぎる日本語、素晴らしかったです!

スポンサーリンク

唐突に聞かれた事。

貴重な時間を使って、セミナーにお越しいただきありがとうございました。
さて、貴重な時間を使って、セミナーに参加する目的は??

かちかちかち…
ちーん…( ・ω・ )

私の場合。

  1. 人前で話しはじめるようになり、ぷれぜんのセミナーを一度受けてみたかった
  2. ぷれぜんだけでなく、こーちんぐも学び始めなきゃなぁと思い始めたところ
  3. コーチ・カルダンさんは、そもそもすごい人なのかどうかわからなかったので、ナニモノかを知りたかった
  4. お手軽価格だったし、知人の会社主催だったから
カルダンさん、出席者のみなさま、ごめんなさい。

私、いつもこんな感じです。
さらっと聴いて良かったら、通い詰める人です。

最初に、話し手も聞き手も、ウォーミングアップが大切!

つまり、体動かしちゃいましょう♫
楽しくコミュニケーション取っちゃいましょう((´∀`*))/
ということです。

手を上げ下げしたり、お隣の方の肩をもんだり叩いたり、変顔したり(笑)。

話し手は、プレゼンをする時、「State  Management」=状態管理をする必要があります。(最低でも、10段階の8レベルまで状態を良くしていくようにとのことです)

話し手がMaxの状態であっても、聴衆のみなさまの気持ちがついていかなかったら、伝えたいことも伝わらないかもしれません。
動いて、気持ちを上げていくことで、みんなの脳も活性化されていきます。

では、プレゼンの目的は?

「相手に行動させる」ことです。
聴衆の方は、課題があって話を聞きにきています。
スピーカーは「自分」の話をするのでなく、「相手」のニーズに集中する必要があります。何を話せばプラスになるかを、徹底的に感じ取って下さい。

相手のニーズの中から、メインに話す内容を作っていきます。

実践的な留意点は、以下の通りです。

  • 自分の良いところを見せること
  • 様々な自分のキャラクターを持っておく(マジモード、お笑いモード、説得力モード、泣かせモード)→それぞれのキャラで、ポジティブなショックを聴衆に与えること
  • Hesitationに気をつけましょう(あのー、えー、など)
  • Hesitationしてしまったら、口にした回数、スクワットでもしましょう(笑)
  • 人の目をしっかり見て話す
  • 手のアクションは大きめに
  • プロジェクターの前には立たない(笑)

今、人前に立つことができることに、感謝の気持ちを持ちましょう。

深呼吸をしながら、今、生きていることができている自分への感謝の気持ちを持つと、緊張なんてしなくなります。
プレゼンにおいても、何においても、自分を信じる気持ちが大切ですね!

↓↓まだ読んでなかったので、読みます…