iPadサークルでお絵描きしてきました #iPadサークル

シェアしていただけると嬉しいです。

絵を描くのは結構好きな、みーなです。
「好き」「上手い」「センスがある」はイコールではありませんが、どんな路線であれ「画伯」と呼ばれるのは悪い気はしません、えっへん(^^)

そんな私が、今回、iPadサークルで、iPadでのお絵描きの方法と、おまけでLINEクリエイターズスタンプへの道についても語ってきました。
iPadお絵描きをするきっかけとなっていただけたら嬉しいです。
クリエイターズスタンプ登録してくれる方がいらっしゃったら、泣いちゃいます(笑)

スポンサーリンク

今回教えたiPadお絵描きの方法


今回は8人ぐらいで行いました。
今回使ったのは全て無料でダウンロードできるアプリです。
できるだけカンタンに、上手下手の差が出ないように、ハートの絵を描きました。

1.「Adobe Ideas」でお絵描きする

無料の中ではNo.1のお絵描きアプリだと思います。レイヤー機能があるのが最高です!

レイヤー機能とは

昔、お絵描きするとき、うすーい紙を上に乗せて書いたことがありませんでしたか?
それと同じイメージです。

また、デジタルでお絵描きするとき、例えば線と色を塗る部分、それぞれレイヤーを分けて描いたほうが、きれいに仕上がりやすいです。
下の図のとおり、色塗りはちょっと雑でも、線を上に乗せれば隠れてしまいます。
IMG_0996

お絵描きしてみましょう

Adobe Ideasを起動したら、「+」をタップし、新規作成します。

IMG_0995

左メニューの鏡餅みたいなアイコン(レイヤーアイコン)から「写真レイヤー」を選択し、カメラマークをタップすると、こちらの画面になります。

今回は、あらかじめ紙にお絵描きをしたものを、取り込んでみましょう。
「カメラ」でお絵描きしたものをパチリと撮影します。
(まれに「カメラ」が効かないことがありますので、その場合は、普通のカメラアプリを使って撮影し、「フォトライブラリ」から読み込んでください)

IMG_0983

撮影しOKなら、右下の「写真を使用」をタップします。

IMG_0984

さて、お絵描きしていきます。
今度はレイヤーアイコンから、写真レイヤーの1つ上の「描画レイヤー」を選択します。
絵が描かれるレイヤーが白く選択されますので、今後、どこのレイヤーに描いているか確認しながらお絵描きしていきましょう。レイヤーを間違えると少し大変です(^^;

IMG_0987

ペンアイコンから、最初は鉛筆マークのペンを選び、ハートをお絵描きしていきます。

IMG_0988

ハートが描けたら、色を塗るために新しいレイヤーを追加します。

IMG_0990

今度はペンの種類を変えて、蛍光マーカーみたいなペンで塗り塗りしていきます。
塗り終わったら、レイヤーアイコンから、レイヤーの順序を上下逆にします。(塗り塗りを下にします)
そして、写真レイヤーのチェックを外すと、それっぽい絵ができました!

IMG_0992

カメラロールに保存します。上の矢印が上に飛び出たアイコンをタップし、「共有」→「画像を保存」をタップします。

IMG_0994

カメラロールには、このように保存されます。

IMG_0993

2.「背景透過」で背景透過する

今回は、LINEクリエイターズスタンプ作成を見据えて作っています。
背景に色がついたままだとスタンプとしてダサいし、そもそもクリエイターズスタンプの規定で決められていますので、背景透過を行います。
透過

今回のように特に一色の背景の場合は、すごくカンタンに透過画像ができます。
アプリを立ち上げ、先ほどの「Adobe Ideas」で保存した画像を選びます。

IMG_1004

選んだ画像がOKなら「OK」をタップします。

IMG_1005

そして、背景を選ぶだけでカンタンに透過できます。
透過が完了したら「出力」を選び、透過のPNG形式を選んで保存します。

IMG_1006

3.「バッチリサイズ」でサイズ変更する

画像サイズを変更してくれるアプリも、ちゃんとあります!
メイン画像、スタンプ画像、トークルームタブ画像ともにサイズが決まっているので、この方法でサイズを変えていきましょう。

カメラロールからサイズを変更したい写真を選び、チェックします。
そして、右上のサイズが書いてあるところから、希望サイズを選びます。作りたいサイズがない場合は、右上の「+」から作ります。
希望サイズを選択後、「完了」をタップします。

IMG_1013

保存は、右上の青い「レ」から「カメラロール」を選び、保存します。(見にくいですね…)

IMG_1014

4.LINEクリエイターズマーケットへの登録とデータアップロード

作ったスタンプの登録は、LINE Creators Marketから行います。
応募要領を記入し、データはzip形式でアップロードします。
iPadからはアップロードできないかもしれないので、カメラロールに保存した画像をPCに移し、ここの部分だけはPC上で行ったほうが良さそうです。
PCにカメラロールの画像を移す方法は、「メールで送る」「GoogleドライブやDropBox等のクラウドでやりとりする」「PCとiPadを接続してPCに移す」等、さまざまな方法があります。

とても楽しい講座でした(^^)


最後に、30分程度かけて、それぞれ作品を作っていただきました。
初めてiPadを触るという方もいらっしゃいましたが、みなさんとても楽しんでいただけたようで、素晴らしい作品を作っていただきました!

みんなでなにかを作るという作業は、とても楽しいですね!


後日談。
この講座の1週間後、クリエイターズに登録する42個の画像を描き上げたという方がいらっしゃいました!!
涙が出るほど嬉しかったです。

絶対リジェクトしそうにない素晴らしいイラストでした。
登録完了した折には、案内させていただくので、よろしくお願いします!