超わかりやすいiPadの教本!「50代から楽しむiPad」

シェアしていただけると嬉しいです。

iPadは、「手軽にカンタンになにかをしたい」方にこそ使ってほしいモノです。
使いはじめれば、だいたいのものは教わらなくてもなんとかなるのがiPadの良さですが、最初の取り掛かりが難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、「最初の取り掛かり」の部分を詳しく優しくわかりやすく書かれた本が、案外なかったかもしれません。

2月に出版したばかりの、初心者のためのiPadの教本を紹介いたします。
タイトルに「50代から」とありますが、50代未満の方でも手にとっていただきたい1冊です。

スポンサーリンク

iPadの選び方からわかりやすく説明されています


「iPad」といえども、セルラータイプ(電話回線有)とWi-Fi(電話回線無)タイプ、iPadminiとiPadAir、容量4種類(16GB・32GB・64GB・128GB)、つまり2×2×4=16種類あることになります。(あと本体色の選択もありますね)
どのタイプのiPadを買ったほうがよいか、フローチャートで確認することができます。

iPadを買わずに、iPhoneを買う、という選択肢も出てきます(笑)

基本をしっかり、使いやすくするための工夫も書かれています


初めてiPadを触る方にとっては、基本のことをしっかりわかっていたほうが良いです。
充電の仕方、電源のつけ方から、基本操作をわかりやすく説明してあります。

iPadには、iPadを見やすく・聴きやすくする工夫もたくさんあります。
アクセシビリティ面からの説明にもたっぷりページを割いてあります。

操作がわかりにくかったら、動画で確認することもできるのが嬉しいです(^^)

iPadラブな方々の体験談が素晴らしいです!


こちらの本には、さまざまな方のiPad活用事例も書かれています。
活用事例を読んでいるだけで、「よーし!使ってみよう!」と思えるのではないでしょうか(^^)

出版記念パーティーの時には、活用事例に書かれた方から、「iPadがあれば入院時も楽しみで仕方ない」「iPadは寝食を共にする恋人」などの爆弾発言(!)が聞かれました(笑)

そこまでiPadラブにならなくても(笑)、Facebookでの日々の情報発信や、iPadお絵描きで画展やAppleStoreでセミナーを開催されたりなど、暮らしを楽しく充実して過ごすための道具として使われているのっていいなぁと思います。

パソコンよりも手書きよりも手軽に使うためのものですから、まずはいろいろ触ってみてください(^^)
Happy iPadでも、身近な方々の活用事例を書いていきたいと思いますので、お楽しみに!

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします