Facebookイベントの公開範囲の設定、後から変更効かなくなったのでご注意を!(2015年6月)

シェアしていただけると嬉しいです。

Facebookでイベントを月に何本か立ち上げているみーなです。
と聞くとえらそーに聞こえますが、自分が主役のイベントは一本もありません。
えらそーに言うとプロデューサーってヤツです。沼津でなにかやりたい方、とりあえず声かけてみてください(^^)

今までは、Facebookでイベントを作る時、「招待された人のみ」モードで立ち上げて、他の主催仲間に確認後に公開する…という方法をとっていましたが、6月に入ってからイベント立ち上げ後に公開設定が変更できなくなりました(泣)

Facebook


スポンサーリンク

Facebookイベントの新しい公開範囲について


Facebookイベントの公開範囲は、
「非公開イベント」「公開イベント」
の2つになりました。

イベントの説明として、以下のように書いてあります。

「非公開イベント」
招待された人のみ表示されるイベントです。

「公開イベント」
Facebook利用者でない人も含むすべての人が閲覧できます。

以前は3つ目の「招待された人の友達まで公開」ぐらいの設定がありましたが、完全な非公開か、完全な公開のみになりました。
個人的には「招待された人の友達」ぐらいの公開範囲がちょうど良かったのですが(^^;

Facebook利用者でない人にまで見られるのも恥ずかしいなぁとも思うのですが、イベント編集画面の下のほうにある「招待者リストを表示する」をオフにすれば、招待者を不特定多数の方に見せずに済みます。

イベント


Facebookイベント 公開範囲の設定方法


公開範囲の設定は、ちょっとわかりにくいところにあります。
そして、いずれもイベントを保存した後は、公開範囲の変更はできませんので、ご注意下さい!

PCの場合
左上のほうにあります。

Facebookイベント

iPhoneの場合(Androidも同じような感じかと)
PCよりもっとわかりにくい場所で、上部真ん中にあります。

IMG_9063


Facebookの仕様が変わるのはよくあることで…


2015年6月頃にFacebookのなにかの新機能(gif表示あたりと言われています)と引き換えに、イベント設定の変更があったようです。

この記事の賞味期限もきっとかなり短いと思うので、書くのをためらっていたのですが、困っている方のために書いてみました(^^)

今回は、とあるイベントの立ちあげで、確認後に公開にする予定が、イベント立ちあげ後に公開範囲を変更できずに失敗しました(^^;
Facebookはいつの間にか仕様変更するので、何事も行うときに都度きちんと確認をしないとです(^^;

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします