オススメiPhone本「健康習慣をつくる!iPhone iPadの上手な使いかた」

シェアしていただけると嬉しいです。

体重が一年で3kg増えてしまい、やっとのことで危機感を覚え、先週からとりあえずレコーディングダイエットを始めてみたみーなです。

そんなタイミングで、近年はiPadライターな馬塲寿美さんから、新刊出版のニュースが飛び込んできました。

IMG_9144

スポンサーリンク

「今なら間に合う!50代から差がつくヘルスケア」がサブタイトルです


ヘルスケア本というので、よくある運動ログ系や食事ログ系だろうと思っていましたが、案外知らないことだらけでした。
サブタイトルに「50代から差がつくヘルスケア」とありますが、50代からの視点がたくさん盛り込まれています。

  • 年齢に応じた食事を提案いただけるアプリ
  • 認知症予防のための脳トレーニングができるアプリ
  • などなど。
    (アプリやサービスの名前は、秘密ね。)

    認知症予防のためにもiPhoneやiPadは助けになります。
    特にiPadのほうが文字も大きく見やすくて、操作が苦になりません(^^)

    また、iPhoneやiPadを持つことで、コミュニケーションツールとして、また認知症予防や万が一の病気になったときの助けになります。

    リアルなコミュニケーションがいいのが確かではありますが、SNSを日々活用することで生存確認ができたり、時にはSNSを使ったリアルな交流のきっかけにもなります。

    ヘルスケアサービスの方々や、50代以上でSNSを活用されている方のインタビュー記事もあり、参考になります。

    若い人にもオススメです


    SNS上のお友達はみんな永遠に元気であると思いがちですが(そうあってほしい気持ちはすごくあります)、ゆくゆくはなにか変化が起こるかもしれないという気持ちでもお友達のことを見守っていかないと、という気づきも得られました。

    栄養管理や運動管理は、50代とは言わず、早くやっておくに越したことはありません。
    私も早速iPhoneにアプリを入れ、動かしてみたいと思います。