[Prezi]新しいプレゼンツール「Prezi」をガチで学んできました!

シェアしていただけると嬉しいです。

最近、2時間ぐらいのものは取り組めても、数時間かかるものにはなかなか取り組めないみーなです。
取り組む時間がないなら作っちゃえ!
と、学んでみたいことをみんなで学ぶ機会を作りました。

今回は、「Prezi」というプレゼンテーションの作成方法を、学びました。

スポンサーリンク

Preziとは


PowerPoint等の今までのスライド式のプレゼンツールとは異なり、ズームイン・アウトや、縦横への移動・回転により表現をしていく新しいプレゼンテーションツールです。

Preziよりオンライン上で作成します。
再生は、iPhone・iPadでも可能です。(専用のビュワーアプリPrezi Viewer
もあります)

Preziによるプレゼンの事例は、このような感じです。
こちらの作品は、Preziの日本第一人者の吉藤智広さんが作成しました。

このような本の紹介だったようです。

スライド式プレゼンテーションツールとPreziの違い

PowerPointなどのスライド式は、ワクにおさめるような作り方をします。

一方、Preziは、ホワイトボードに描いていくイメージです。
ぶっちゃけ、スライド式のは全体構想を考えていなくてもなんとかなっちゃうのですが、Preziは何を伝えたいか、全体像をしっかり決めて作る必要があります。(作れないことはありませんが、全体像を決めて作ったほうが、他人に見せるにはより効果的です)

Preziを使えるようになると、なんでもかんでもPreziで作りたくなってしまいますが、セミナーの資料としては、正直スライド式のほうが向いています。

Preziに向いているのは、動画みたいなストーリー性のあるものを作りたいときに適しているようです。
ズームイン・アウトなどできるので、カメラワークを意識しながら伝えたいことを伝えるのには最適です。

最近では、企業のカタログにもPreziが使われているようです。

結構素材あるじゃん!


Preziで作る上で、懸念点のひとつが画像がないことでした。
そんな、Illustrator触ってない歴10年になるし、Preziで使えそうな画像作れませんよぉー!
もっとも今のご時世、ラクチンできて良いiPhone・iPadアプリがあるのかもですが(^^)

しかーし!
画像の心配はご無用です(^^)

まずは、「挿入→画像」を選ぶと。
たくさんの画像候補があったり、商用利用が可能が画像も検索できます!

はじめてのFacebook

また、「挿入→記号とシェイプ」からは、たくさんの種類から画像を選ぶことができます。

はじめてのFacebook2

このような画像、使いそうでしょう(^^)

はじめてのFacebook3

また、矢印を書き込めたり、動画を埋め込むこともできるのです。
嬉しい機能満載ですね!

今回の会場のオーナーさんもPreziユーザーです


呉服屋の3階にある、普段着付け教室を行っている会場で行いました。
呉服屋でIT関連のセミナーを行う人もなかなかいないでしょう(^^)
店主がITスキルが高いので、なんとWi-Fiもしっかり通っているのです。

ごく最近、お友達になった店主。
3連休の中日、どこの会場にも断られ、ダメもとでお願いしたら快くOKをいただけました(^^)
もう店主が神様に見えました〜!

「商店街にはまだまだ空きスペースがあると思います。
うちの3階みたいに、上の階は遊ばしている店も多いでしょう。そういうところをうまく利用してもらって、まちなかに人の流れを作りたいと思っています。」

と、非常にありがたいお言葉を頂戴いたしました。

セミナー会場の候補が増えるのはとっても良いことです!
沼津の商店街を少しでも盛り上げるきっかけになれば、私も嬉しいです(^^)
着物の沼津・井草呉服店

まとめ


一見さんには操作の方法がわかりにくいし、全体のデザインを決めないといけなかったり、教わらずに作品を作るにはかなりハードルが高かったです。

操作を覚えて、1つ作品を作ることによって、自信になり、自然とPreziプレゼンのアイデアも浮かんでくるようになりました(^^)

「次になにがくるんだろう?」
というワクワク感を持ちながら作ると、良い作品が作れるそうですよ(^^)

全世界でのユーザーが5000万人以上のPrezi。
アジアで一番使われている国は、プレゼンテーションを小さい頃からよく教育されている韓国だそうです。
日本での知名度はまだまだなので、今からでもアドバンテージがたっぷりありそうです!