低血糖症か?午前中のめまいや倦怠感に悩まされています。

シェアしていただけると嬉しいです。

午前中、特に11時を過ぎると激しく眠気が襲ってくるみーなです。
睡眠時間は6時間以上取らないと翌日の仕事のパフォーマンスに著しく影響すると思い、8時間ぐらい睡眠をとっても、一向に午前中の倦怠感がなくなりません。

(眠そうな犬の例)
FullSizeRender 5

よく「朝に勉強すると良い」とか言いますが、自分が幼少期からこれを実施していて他人にも薦めていた割に、その頃から朝がだるかった覚えがあります。(朝に勉強をしたかったわけではなく、実家では朝が非常に早かったので、一緒に起きて勉強とか宿題とかしていただけ。そのことを当時通っていた塾の先生に話したところ、これを自分の子供に薦め、しばらく感謝され続けましたw)

学生時代はいつ眠くなろうが構いませんが、社会人になってからでは困ります。
10時頃から甘いものを採り続けていて、「みーなといえば、おやつをエンドレスに食べる人」というイメージが各職場でできあがってしまいました(笑)

質の良い睡眠を得られていないのか、無呼吸症でもなさそうだし、耳関係のめまいでもなさそうだし(数年前に医者に行ったとき強烈な薬の副作用があったため、もう医者に行くもんかと心に決めました(笑))、さてはてどうしましょうか〜と悩み、いろいろ調べはじめました。

スポンサーリンク

空腹時低血糖症かも?


午前11時頃からだるさや眠さがMAXになり、お昼ごはんを食べると治るというところから、この可能性が高そうです。昔から空腹時に気持ち悪くなり、食べるとごきげんになる子でしたが、それが大人になってまで引き継がれていました。

だるさや眠さを解消するために、お菓子を食べ続け、低血糖症をさらに悪化させる、という悪循環を繰り返していたのかもしれません。

健康診断では低血糖の診断は下されたことはありません。
健康診断って朝一番にやりますから、一番症状が酷い昼近くに測ってみたいところです。(朝9時頃は、割と平気です)

低血糖の怖さがやっと理解できました

高血糖は、糖尿病に代表されるようによくないことは知っていましたが、低血糖のなにがいけないのか、いままでイメージできませんでした。

低血糖症になると、だるくて仕事ができないレベルになります。
11時頃になると、保健室で寝てていいですか、と毎日思います(^^;

低血糖症を治すために


夏休みに低血糖症を起こさない(と言われる)方法を実験してみました。

1. 食べる順番を変える

食事は野菜やお味噌汁からいただき、最後にゴハン(我が家は玄米です)をいただくという方法です。
これだけでも低血糖症の予防になるようですが、「先におかずを食べ過ぎてしまい結果的に食べ過ぎになってしまう」「食べる順番を変えるとなんだかストレスがたまる」というデメリットがありました。

うーん、なんだか順番変えるだけなのに、すごいストレスなんです(苦笑)

よく噛んで、十分な時間をかけていただくようにして改善していきたいです。

2. 10時のおやつに玄米むすびを持っていく

本当は昼寝したい時間です。
家では容赦なく昼寝していましたが、職場ではそうもいきませんので、せめて血糖値の乱高下を防ぐ食べ物をいただくことでお昼までしのぐ作戦を取ります。

玄米なら血糖値の急激な乱高下を防ぐことができるようです。
オフィスに持参するにはゴツイおやつですが、できるだけ小結びにして、目立たないようにします(^^)

昆布を切って持っていくことも検討中です。

3. ゴハンを少なくする

炭水化物を完全に抜いてみたら、カロリーが極端に少なくなったようで、1日倒れそうでした。これはNG。
炭水化物無しでカロリーを保つのは、案外至難の業です。(私の場合はほぼ植物性になります。肉食ももともといただかないほうなので、ここで肉食を増やすとたぶん消化できなくなります。)

カロリー計算は、このようなページが役にたちました。
食品のカロリー グラムのわかる写真館 | 簡単!栄養andカロリー計算

まとめ


今のところ、だるさや眠さ、頭痛がむしろ悪化してる感が強いです。
これって好転反応なのか、それとも低血糖症が悪化しているだけなのか…(^^;

これで明日から仕事できるのか大変不安ですが、あと1週間試したいと思います。

効果テキメンで人生バラ色状態に元気になったら、またお知らせします(^^)