マインドマップの良さがやっとわかった!静岡ライフハック研究会Vol.9に参加してきました #szokhack

シェアしていただけると嬉しいです。

マインドマップを書くのが苦手だったみーなです。
ほら、きちんとした形にしないとストレス貯まるし、やたら横に長くなるし、なんで枝を太くしなきゃいけないんだかイラストを書かなきゃいかんのか、意味不明でした。

ストレスになるマインドマップ書くぐらいなら、箇条書きのほうが整理整頓されててよっぽど良いでしょ。

…と、全くマインドマップの良さがわからなかったので、一度きちんとマインドマップの勉強をしてみたかったのです。

今回、静岡ライフハック研究会にて、マインドマップインストラクターでもある「Ko’s Style」のホラノコウスケさんから、マインドマップの基礎を教わりました。

– ライフハックブログKo’s Style

FullSizeRender 37

スポンサーリンク

まずは、名札作りから


さてさて、今日はたくさん紙を使いますよ。

開始前から、早速名札作りです。
かきかきかきかき…

FullSizeRender 36

「ざっくり書けたから、でーきあーがり!」
としたかったところですが、講師から「できるだけいろいろ書き込んで」とご指示がありました。

えー。
まだ書くのー。

名札作りやお絵描きに対して違和感を感じた方は、新しいことに挑戦している証拠とのこと。
遊んでただけじゃなくて、ちゃんと意味があったのですね!

ミニマインドマップを作りました


「スキ」を題材に、黒ペン一色で、左右3本ずつのブランチで書きました。
「ブランチは曲線にすること」「枝は必ず繋げること」「単語で書くこと」
が注意点です。

FullSizeRender 34

なるほど!
左右3本ずつのブランチなら書きやすいです(^^)

上記の形のは「ミニマインドマップ」と言い、スピードを重視するときに使うそうです。

カラーペン登場!お絵描きの練習です


お絵描きの練習のため、講師から10個お題を出されました。
1個あたりの時間は、5秒程度。

さて、どれがどんな絵でしょう(笑)

FullSizeRender 35

大切なのは、頭の中で単語を絵でイメージすること。
絵としてのアウトプットは上手下手ではなく、自分がわかれば良いそうです。

色をつければ、さらにイメージしやすくなりますね(^^)

初めて色付きマインドマップを作りました!


今度は「自己紹介」をお題に、マインドマップを作りました。

まず、中心にイラストを3色以上の色を使って書きます。
そして、太い枝を左右2本ずつ書き、テーマ別に色を分けて書いていきます。
左右2本ずつぐらいが、バランス良いですね。

書くことがなくなったら、枝を書いてみれば、言葉が思い浮かびます(^^)

完成図。
見た目も良かったので満足です!

FullSizeRender 33

まとめ


マインドマップは、「考えて」「発散する(書き出す)」をたくさん行うことにより、頭の中が整理されるツールということがわかりました。

また、他人へ物事を説明するときにも、マインドマップで整理してからのほうが説明しやすいですね(^^)

私は「単語」よりも「箇条書き」や「文章」で残すほうが、後で見返すときにラクと感じるタイプですが(現にいま、箇条書きのメモを見ながらこれを書いています(^^;)、後で見返すとき「マインドマップを書いたときの意図を思い出す」という作業も「考える」ことに繋がって良いのかもしれません。

コウスケさんは、「マインドマップ読書術」のセミナーも行っています。
読書やセミナー内容、会議内容をマインドマップでまとめるのはかなり高度な技ですが、頭の整理がつきやすくなりそうなので、きちんと勉強してみたいです。

静岡で開催しましょうかどうしましょうか〜。

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします