ものぐさな私でも少しお得に本が売れる!Amazon買取サービスを使ってみた

シェアしていただけると嬉しいです。

年末です。

できるだけ家の中はシンプルにしたいみーなです。
いろいろお薦めいただいた本を買いますが、「同じ本を二度読む」ということを滅多にしないため、さっさと家の中から本を取り去りたいのです。

本はできるだけ高く売りたい!
という思いは常々持っていますが、面倒くさがりで根性なしのみーなは、ヤフオクでの売買すらしたことがなく、いつもブック◯フさんに持ちこんでいます。
ブック◯フさん等の中古書を扱う店舗は、20冊ぐらい頑張って持ち込んでも、200円ぐらいにしかならなかったりするのですよね(^^;

とはいえ、「モノを売る」という一歩を踏み出してみないとなぁと、Amazonの中古出店を企てようとしていたところ、Amazon買取サービスというステキなサービスを発見!

これならネットオークションビギナーのみーなも、楽ができそうです!!

Amazon

スポンサーリンク

Amazon買取サービスとは


売りたい本を指定すると、宅急便屋さんが集配に来てくれます。
依頼主は、契約内容をプリンターで出力して、箱詰めして待っていればいいだけです。

買取価格は、あらかじめ決まっているのがいいですね。

ものぐささんには、ピッタリです^^

デメリット


買い取ってくれる本があまりありません。
売りたい本20冊中、買取サービスが使えたのは4冊という感じでした。

あと、いまさっき気づいたのですが、かなりショックなことがわかりました。
買取サービスでの買取価格は、マーケットプレイスでの販売価格の何分の一(一番価格差があったものが10倍近く!)でした。
買取サービス使ってまで買い取ってくれる本は、高値で売れる本ということですね。
そりゃそうですよね。

買取サービス使う前に調べなさい、って(^^;

ただ、引き取ってほしいと思ったタイミングですぐに引き取ってくれることと、Amazonさんから欲しい人に送付していただけるのは魅力的です。
中古書店さんよりは高値で売れるから、いいことにします。

残り16冊も売りたかったので、結局、マーケットプレイスにも登録しちゃいました(^^;
 
 
今回Amazon買取サービスで引き取っていただいた本です。