蔵開きはお祭りだ!富士高砂酒造(富士宮市)の蔵開きに行ってきました

シェアしていただけると嬉しいです。

お酒は弱いけど、美味しい日本酒は大好きなみーなです。
富士宮にある「富士高砂酒造」で1/17に行われた蔵開きに行ってきました!

富士高砂酒造


スポンサーリンク

身延線西富士宮駅から徒歩5分


東海道線富士駅で身延線に乗り換えて、西富士宮駅で下車します。
西富士宮駅改札を出たら右に歩いて行き、約5分。
蔵開きの日は西富士宮駅からほとんど全員同じ方向に行くので、どなたかの後をてくてく歩いていくと到着します。

見えてきました!
懐かしいタイプのポストがあります。

IMG_2552

まずは、おちょこを買うらしい


受付でおちょこが売られています。
2.5勺、3.5勺、升タイプがあり、今回は2.5勺のを150円で購入しました。

IMG_2558

おちょこを持って、いろいろな試飲所でお酒をいただくシステムになっているようです。
9時に開いた(らしい)酒樽のお酒もいただけます!

IMG_2565

何故100円玉が入っているかは、内緒です(笑)
(買ったときから100円玉が入っていたわけではありません)

IMG_2567

友達の「パ酒ポート」ブース。
ちょこっと私も手伝いました。

パ酒ポートとは…
静岡県内の酒蔵のスタンプラリーシートです(2015年度は無料配付)。
静岡県内にはビール工場も含めて40ほどの酒蔵がありますが、そのうち約20箇所で酒蔵見学が可能、スタンプラリーができます。

本来、「ふるさと割」の観光と絡めてのものなので(2015年度は「静岡・ふじのくに割」というのがあるらしい。以前紹介した「しずおか遊びたい券」の仲間です)、旅行会社が結構持っているようですが、各酒蔵でも50部ずつ配付があります。
年度ごとなのでスタンプラリーの有効期限はだいたい年度末までですが、スタンプラリーができなくても「こんなところがあるんだー!いつか行ってみたいな」と思っていただければ嬉しいです。

「静岡・ふじのくに割」を活用して静岡へ行こう!

IMG_2568

まるで縁日!出店も試飲もたっぷりでした


9時スタートですが、早朝からたくさんの人が場所取りしていたようです。
たくさんの富士宮グルメを肴に、お酒も捗ります。

IMG_2589

場内随所にお酒があります!

上に書いた入り口の樽酒のほか、メイン会場にも試飲用・販売用のお酒があります。(写真はほんの一部です)

IMG_2577

「ヨーグルト酒」
これ、どうなの!?
と見た目思いましたが、試飲した瞬間ヤラれました。日本酒の味とヨーグルトの酸味ってとても合うものなのですね!即お買い上げしました。
ヨーグルトということは乳酸菌も入っているのでしょうか。健康にも良さそうです!

IMG_2599

「竹酒」
竹の中にちゃんとお燗されたお酒が入っています!
竹の香りがして美味しかった〜。
結構入っているので(小サイズでも500ml)、何人かでいただくのが良いと思います。

IMG_2597

富士宮グルメの数々!

カレー包みコロッケ。
確かにカレーが包まれていました(^^;

IMG_2587

鶏専門店や

IMG_2586

もちろんお馴染みの富士宮焼きそばも出店していました!

IMG_2585

豚料理が有名な「さの萬」さんの豚まんもいただきました!
萬幻豚・ドライエイジングビーフの製造販売・通販 静岡県富士宮市 肉匠 さの萬

手のひらいっぱいの大きさっ^^;

IMG_2601

脂も多すぎず、味わい深くて美味しかったです〜!

IMG_2602

みーなは、毎食味噌汁だけは欠かさない汁物好きなので、あったかそうなものも片っ端からいただきました。
にゅうめん300円。

IMG_2574

粕汁150円。
ネギ入れ放題でこの安さは嬉しいです!

IMG_2548

寒い日には、甘酒もいいですね!
50円也。

IMG_2564

ここまでで結構いただいた感がありますが、スイーツも欠かせません。
富士宮の和菓子の老舗という「藤太郎」さんの揚げたての揚げまんじゅうが、カリっとしてとっても美味しかったです!
【富士の菓子処 藤太郎】富士宮にある創業1932年の和菓子の老舗。

IMG_2571

お酒の合間には、水分も必要です。
仕込水も美味しかったです^^

IMG_2591

まとめ

9時過ぎ到着で良かった!!

1万人の出足があると言われている富士高砂酒造さんの蔵開き。
今回は、9時過ぎに到着するように出かけました。

「朝7時頃から並んでる」と脅されたので早く行かなきゃお酒なくなるのかなぁと思っていましたがそんなことはなく、むしろ9時過ぎぐらいのほうが、樽酒待ちの混雑もなく快適でした^^

「椅子に座りながら1日呑んだくれていたい」
という方は朝から並んで場所取りが必要ですが、冬場寒い時期にじっと座っているのも辛いので、ぶらぶらいろいろなところを歩きながら楽しむスタイルが私には向いているようです。(お酒に弱いので、歩けるぐらいをキープしていないと帰れなくなります…)

結局、滞在時間2時間ほどで、2.5勺おちょこで5〜6杯いただき、帰りの電車の中で1時間ぐらい倒れていました(^^;

富士高砂酒造のお酒をまずはいただいてみたい方、またリピートしたい方向けに、オンラインストアもあります。上で紹介したヨーグルト酒もオンラインストアで購入可能です。
富士高砂酒造オンラインストア

酒蔵に行く前には納豆は控えましょう

酒蔵に行かれる場合は、念のため、納豆は前日から控えてください。納豆菌は強力らしく、頑張って日本酒を作りあげている酵母にも影響を及ぼす可能性があるそうです。
私は納豆も大好きなので、この約束を破りそうになりました…(^^;

遠方の方はぜひ前泊でお越しください!

富士高砂酒造の蔵開きには、毎年遠方からもたくさんいらっしゃっています。
富士宮駅あたりには何件かホテルがあります。
蔵開きの会場にも手荷物預り所がありますので、泊まりで荷物が多くなっても大丈夫です!

浅間大社や富士宮焼きそばなど、見どころもたくさんある富士宮の街、前泊でゆっくり堪能されてみてくださいね^^