譜面はiPadで見ると便利!カメラロールの画像にある譜面を見やすくする方法

シェアしていただけると嬉しいです。

25年ぶりにピアノの発表会に出てしまったみーなです。
25年ぶりのピアノの発表会、飽きっぽい私が、成長していく過程を味わってます

今回、ピアノの発表会に出るにあたって、譜面はインターネットで検索してダウンロードできたものを使いました。(ゲーム音楽なので、終わりも別の面に行くのもゲームオーバーするのも自由だから、だいたいの音がわかればいいんです)

iPadで譜面を見ると、譜めくりがとてもラクです。
めくりたい方向(右左)に軽〜くスライドすれば、隣のページをすぐ見ることができます。紙のように、めくったけど戻ってしまった…ということも、iPad上ではまずありません。
iBookでは見開きにはできず1ページずつめくりますが、ちょっと触れるだけでめくれるので、それほどストレスになりません。

iPhoneでも「S」シリーズなら見れなくはないかもしれませんが、目に悪いので、iPadをオススメします。

IMG_0244

今回、 「カメラロールにある譜面を見やすくする方法」「画像になっている譜面をPDFとする方法」をそれぞれ書いていきます。

スポンサーリンク

1. カメラロールにある譜面を見やすくする方法


カメラロールには、どんどん新しい写真が入っていくので、曲ごとに1つのアルバムにすると、探さずに済みます。

カメラロールから譜面を選び、「追加」します。

IMG_0254

一番下にある「新規アルバム」を選択します。

IMG_0255

その譜面の曲名を、アルバムの名前とします。

IMG_0256

アルバムに追加されました。
アルバムから探せば、探しやすいです。

IMG_0257

2. カメラロールの写真からPDFファイルの作り方


カメラロールに保存した譜面の画像を、PDFにして、iBooksで見るのもオススメです。
複数の画像も1冊の本となるので、この状態でメールで送信したりできます。

まず、譜面として使う写真を選択します。

IMG_0246

選択したら、左上の上矢印をタップします。

IMG_0247

下のほうに共有方法が出てくるので、真ん中の段の PDFをiBooksに保存 を選びます。
PDFをiBooksに保存 が出てこない方は、真ん中の段の一番右の「その他」をタップし、iBooksをオンにすると、出てきます。

IMG_0248

なお、「ページを変えたい」という場合は、iBooksのみではできず、簡単に変更しようとする場合は、写真の並び順を変更するのが一番です。
(有料アプリの GoodReader を使用すれば、ページを変えたり削除したりが可能です)