WordCamp2016参加記〜初心者でも楽しめました!

シェアしていただけると嬉しいです。

未だにWordPressが良くわかっていないみーなですが、「WordCamp」というWordPressのお勉強会に、1日だけ参加してきました。
WordCamp Tokyo 2016 | 今年のテーマは「夜明け」2016年9月17日(土) ~ 18日(日) 開催

私が参加したのは、1日目のセッション。
9/17 (土) タイムテーブル | WordCamp Tokyo 2016

スポンサーリンク

印象に残ったセッション

公務員を辞めた私がオープンソースを志向した理由

環境省で勤務されていた鎌田遼さんのお話。
私自身もIT系でない元サラリーマンだったので、興味がありました。

サラリーマン時代は、情報技術の活用としては電子文書化や国立公園の管理等を実施し、その中で、ホームページリニューアル時にWordPressと出会ったとのこと。
幸い、近所にオープンソース志向の高いエンジニアがおり、その方の影響で、WordPressコミュニティへの参加、プラグインの開発をしていくようになりました。

ソースをアップすると喜んでいただけるのも、開発を続ける励みになっているそうです。
「使ってもらえると嬉しい」気持ちはよーくわかります。

似たような立場の方だったので、勇気をいただけました(^^)

公務員を辞めた私がオープンソースを志向した理由 | WordCamp Tokyo 2016

「WooCommerce」について

WooCommerceの基本からこれから田中 昌平
WooCommerce のすすめ田村 啓

この2本のセッションがありました。

WooCommerceを使うと、ECサイト(通販サイト)を作ることができます。WordPressのプラグインになっているので、「デザインの自由度が高く保てる」「開発費が安く済む」というメリットもあります。Paypal等の様々な決済会社とも業務提携済みです。

もし、私がECサイトを導入するときは、よーく検討してからどのようなシステムを導入するか決めたいと思いますが、プラグインという手軽な形ででもECサイトを導入できるということを知ることができました。

夢を叶える WordPress

私もスタッフを勤める静岡ライフハック研究会の代表でもある、わかったブログのかん吉さんが、「WordPressへの感謝を込めて、皆様にギフトをお届けします」とのこと。

「彼」には夢がたくさんありました。
本を出すこと、マラソンランナーとしての成長、静岡を盛り上げること、講師になることなどなど…
ブログに綴ることで、ひとつずつ夢が叶っていくプロセスをお話いただきました。

「わかったブログ」は、実は、大きくなった息子さんたちへのメッセージの意味合いもあるそうです。いつまで息子さんといることができるかわからない、自分が居なくなってもブログを見れば父親はこういうことをしていたんだということがわかる…ホロリときました。

オープンソースの考えにも繋がる利他の精神、「自分が得意なことを他人のために伝えていく」
私も改めて心に誓っていこうと決めました^^

kintoneと組み合わせて、快適サイト運営術

kintoneは、私も使っています。
今回は、kintoneを使ったサイト構築の事例をわかりやすくお話いただきました。

今回は、「メールフォームの問い合わせ履歴を貯める」事例をお話いただきました。
メールフォームのプラグイン自体にも問い合わせ内容をデータベースに書き込んでいく機能があるものもありますが、WordPressのデータベースに書き込んでいくのは危険です。(オープンソースでソースの内容がだいたいわかるから、見られてしまいますね)
この場合、「MW WP Form kintone」で問い合わせフォームを作ることにより、セキュアに問い合わせデータを管理していくことができます。

また、データベースをホームページで公開する場合も(例えば、住宅情報をホームページで見せたい等)、kintoneを使えば、管理がしやすいそうです。これも私が知りたかった部分です。

kintone、様々なことに使っていけそうですね!

kintoneと組み合わせて、快適サイト運営術 | WordCamp Tokyo 2016たにぐち まこと

WordPressでも意識したいアクセシビリティ

アクセシビリティ、「さんななろぐ」では後回しにしがちですが、今後の知識のために聞いておきました。
大変耳が痛かったです(苦笑)。

そもそも、アクセシビリティは、障害のある人のためだけにあるものでしょうか?
普通の人でも、「どこをクリックしたらわからない」「文字がみにくい」などなど、使いにくいと感じることがいろいろあります。

WordPressでは、アクセシビリティ対応のテーマが、公式から発表されています。
アクセシビリティ対応 — 無料の WordPress テーマ
自作でも、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0のレベルAAに準拠すれば、「アクセシビリティ対応のテーマ」と宣言できるそうです。

見出し
  • 見出しを正しく使う(H1〜H7)
  • 先頭に内容を識別できる情報があると望ましい(例:「対策:洪水」でなく「洪水対策」とする)
  • 画像、動画
  • alt属性の内容をちゃんと考える。
  • alt属性は、空でもよい。
  • WordPressの場合は、タイトル欄にデフォルトがファイル名と入力されているため、空にする(alt内に、本文と関係ない文言(ファイル名とか)が書かれているのが一番良くない)
  • 動画は、キャプションを提供する
  • 再生・停止・キーボード操作が可能であること
  • YouTubeでキャプチャを追記し、ホームページへは埋め込みで入れるのが一番
  • ループするアニメーションgif(「new!」とかチカチカするやつ)は、5秒以内に停止
  • スライダーも、止めることができるようにする
  • リンク
  • リンク先の具体的内容を予測できる表現で記載する。「こちら」とかはダメ。
  • フォーカス(下線)は指定する、消さない
  • リンク切れには気をつける
  • 読みやすさ
  • 1行ずつ横スクロールせず読めること
  • 行間は、1.5以上
  • コンテンツ(ブロガー向け)
  • 簡潔に読みやすい文書で書く
  • 空スペースで文字間や行間の調整をしない(意味のないスペースは使わない)
  • 一般的でない用語や略語は説明を入れる
  • 色だけで情報を伝えようとしない(赤=祝日など)
  • 背景色の文字色のコントラスト比(最低限、4.5:1以上、できれば7:1以上)→Colors on the Web > Color Tools > Color Contrast Analyzerのページで、コントラスト比を確認できます
  • 「altへのテキスト」「リンク切れ」「行間」は、大変耳が痛いです…。
    気をつけます!

    最後に、「一人ではアクセシビリティはできない」とおっしゃっていました。
    WEBページの場合は、コードを組む人、デザイナー、エディター、全員がアクセシビリティを考えなければ、達成できません。

    WordPressでも意識したいアクセシビリティ 〜「優しいウェブサイト」作りをはじめよう〜 | WordCamp Tokyo 2016森田 壮 | 横田 東母子W

    無料でドリンクをいただくことができる場所もありました


    結構眠かったので、無料ドリンクコーナーでコーヒーをいただけたのは、助かりました!
    しかも、1杯1杯ドリップするタイプので、とても美味しくいただけました。

    レモンの輪切りが入って美味しそう〜なレモネードも、一度いただきたかったです。


    コントリビューターデーも魅力的!


    2日目のコントリビューターデーも今思えば魅力的でしたが、申込みの時点では、「マニアックな人がコーディングする場」としか思っていなかったので、申し込みませんでした。
    ハッカソン & コントリビューターデイ | WordCamp Tokyo 2016

    よくよく見てみると、「(英語圏で開発されている)プラグインの翻訳」「WordCampの動画の字幕」など、テーマやプラグインが作れなくてもできそうなことがちゃんとありました。
    さらに、初心者向けに、「WordPressでブログを書いてみよう」という企画もあります。

    次回は、メニューを良く見て、2日間出てみようと思います^^

    シェアしていただけると嬉しいです。

    よろしければフォローお願いいたします