セールスフォース特別顧問 宇陀栄次氏沼津講演会の名言まとめ

シェアしていただけると嬉しいです。

株式会社セールスフォース・ドットコムの特別顧問でかつ、東京オリンピック・パラリンピック大会チーフオフィサーの宇陀栄次氏の講演会に行ってきました。沼津にこんなBIGな方が来ていただけるなんて感激です。
宇陀栄次(@udaeiji)さん | Twitter

暮らしやすい日本にするために、これだけの案件に関わっておられる宇陀氏。

いくつもの名言をおっしゃっていただきました。


現在の世界は変化し続けている
変化し続ける世界の中で、変化しないことがリスクとなる


頭をやわらかく

  • 役所の手続きは、来所しなくても、ITで申請すればいいようにしなければ。
  • 具合悪いのに、こちらから医者に出向かないとならないの?
  • 後者については、診療報酬のルール上、どんなに些細なことでも実際に診察しなければならないことを疑問に感じ、skype等で診断できるシステムを導入。シンガポールでサービスをスタートし、日本に逆輸入の予定。


    大手企業向けのテクノロジーを作る時代ではない
    大手下請け、孫請けをしている時代ではない


    新しいことをし続けている人は、成果を出し続けている人でも謙虚
    新しいことをする人は、常に様々な人に教えていただいているため、謙虚である。


    花が散るのを抑えるより、新しい芽を探す
    ビジネスでは、変化を止めるよう頑張るより、変化に対応した新しいなにかを見つけていかないと。


    Cloud
    Cloudは、「雲」と言われているが、「集合知」という意味もある。
    集団の知恵は、1人の専門家よりも強い!


    「戦略」とは、何でもかんでもやることではない。
    最小の投資で最大の効果が発揮できるところから取り組む


    自分の運命を変えるには、自分自身を変えること
    未来と自分は、変えられる。


    仕事が面白くないと嘆くのではなく
    自分で仕事を面白くする