視力だけでなく体全体がよくなる![書評]目は1分でよくなる! ─あなたの目がよみがえる7つの視力回復法

シェアしていただけると嬉しいです。

電車通勤でなくなってから本を全く読まなくなってしまったみーなです。
こりゃいかん…。

強制的に本を読むために、Kindle Unlimitedに登録しました。月々980円の図書館だと思えばいいですよね(^^)
Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア

Kindle Unlimitedからバシバシダウンロードしたのですが、その中で、「目は1分でよくなる! ─あなたの目がよみがえる7つの視力回復法」という本が衝撃的だったので、紹介します。


スポンサーリンク

視力が悪いのには、ほんとうの原因がある!


視力が悪くなると、治らないものだと思っていました。
視力の低下、老眼、飛蚊症…眼科では治してくれませんよね。
また、眼圧が高いと診断されると、眼圧を下げる目薬をずっと与えられます。(眼圧が高いと、視野が狭くなり、緑内障になる危険性があるそうです)

「医者はほんとうの原因に目を向けていない」と書いていますが、患者側からしても「目が悪くなるほんとうの原因ってあったんだ」と意外でした。

この本には、視力が悪くなるほんとうの原因を説明し、視力も治すためのマッサージや運動の方法について書いてあります。

目の栄養?


目にも「栄養」が必要です。

目の老化は、水晶体に栄養が足りず、硬化して、調整力が低下する症状です。
目の栄養は、酸素・血流なのです。

目の栄養は酸素で、酸素を運んでくれるのが、血液です。血液を運ぶための血流を良くすれば、酸素が十分供給されるようになり、目が良くなっていきます。

焦点を合わせずらくなる一番の原因は、水晶体に栄養が行かなくなり、水晶体が硬くなるからです。
そこから、目の様々な障害が起こります。
栄養不足になると、水晶体の老廃物が排泄できなくなることにより飛蚊症になったり、目の組織を満たす体液の排泄が滞るために眼圧が高くなったりします。

レーシック手術をすると視力が改善されますが、目に栄養が行き届かないと、また視力が悪くなる可能性があります。レーシック手術は屈折率を調整するものですが、角膜や水晶体が弾力を失っている状態では、本来の原因が取り除かれていないからです。

目の酸欠は、胃腸の不調からきている


「目が悪くなるのは酸素不足」からビックリでしたが、「酸素不足は胃腸の不調」もこれまた意外でした。

胃腸が硬化すると、深呼吸しても息を十分取り込めず、浅い呼吸になってしまうため、酸素が十分供給されません。また、胃腸が硬化した状態では、消化活動もスムーズに行われていません。

姿勢が悪いことも、酸欠に繋がります。
姿勢が悪いと正しい姿勢で呼吸ができないからと思いましたが、太ももの血流が圧迫されるというのが一番の原因だそうです。

しっかり酸素を取り入れれば、目も良くなり、集中力もアップする!


電車の中で本を読むと必ず眠くなっていた人が、きちんと酸素を取り入れられるようにすることで、眠くならずに本を読むことができるようになるそうです。
電車の中で本を読むとすぐ眠くなる…まさに私のことです(苦笑)。

本を読んでいて眠くなるのは、目が酸素不足で疲れている証拠だそうです。

酸素を十分取り入れるようにして、読書中眠くならないようにしなくては!

視力回復に効果がある運動

7つの視力回復トレーニング

目の周辺から手足のマッサージから、脳のトレーニング・休息に至るまでの「7つの視力回復トレーニング」を紹介しています。
これを毎日続けていくことを推奨しています。

ジャンプ

このほか、運動として、「ジャンプ」もしくは「もも上げ」を推奨しています。
内臓を外側から刺激し、内臓に汗をかかせ、太ももや心肺機能を鍛えることができるからです。
1日500回のジャンプが理想です。(もも上げなら100回)
上下運動がないと効果がないので、ジョギングやウォーキングの場合は、坂道を選んでください。

お腹マッサージ

自分のお腹まわりを触ってみて、硬かったり、痛かったりとかありませんか?
腹筋を鍛えている人を除いて、お腹まわりが硬い方は、胃腸が硬くなっています。
お腹まわりを骨の内側に沿って、時計回りに揉むことが効果があります。

まとめ


視力0.1、乱視・老眼・肩こりなしと、現状それほど不自由を感じていません。
視力の悪さを治すためのノウハウでも書いてあるのかなーと軽い気持ちで購読しはじめましたが、自分に思い当たる部分がたくさんあってビックリ。

10年ほど前に眼圧が高いと眼科に通わされたり、飛蚊症にも何度もかかったりしましたが、全ては「酸素不足→胃腸の悪さ」から来ていたのですね。

自律神経や冷え性の改善だけでなく、集中力の向上や脳の活性化にも繋がりそうなので、この本に書かれている体操を続けることと、酸素不足とならないように座りすぎないことを心掛けたいと思います。

太ももの血流を止めないために、「スタンディングデスク」というのも良さそうですね!
布を被せればアイロン台にもなるかも(*^^*)