ダイエットは体脂肪を減らすこと!〜タニタ食堂の方のお話より #ダイエット

シェアしていただけると嬉しいです。

10/1〜10/7まで、全国労働衛生週間です。
労働衛生週間では、「全国労働衛生週間は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間」とのことで、体調管理にもしっかり気を配りたいところです。

労働衛生週間のイベントとして、体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~で有名となった、タニタ食堂の方のお話を伺う機会がありましたので、紹介いたします。

スポンサーリンク

体重を減らすためには、体脂肪を落とすこと!

BMI(Bodh Mass Index、身長(m)の2乗×22で算出)は、25未満が普通と言われており、22が最も病気にかからず健康で暮らしていける数値であると言われています。
BMI計算ツール

ただし、同じ体重でも、脂肪が少なく、筋肉が多いほうが健康な体と言われています。ダイエットを行う際には、体脂肪を落とすことを意識して行う必要があります。

体脂肪が落ちるペース

体脂肪を1kg(ウエスト1cm分に相当します)落とすためには、7200kcal必要とされています。
1時間のウォーキングで消費するのが200kcal。
1日では落としきれません(笑)

だいたい1ヶ月かけて、毎日1時間以上のウォーキングを進めていくと、ちょうど体脂肪1kgを1ヶ月で落とすことができる計算になります。

また、カロリー摂取量を今よりも少なくしながら進めていくと、Goodです^^

食事で体脂肪を落とす…前に、食事のバランスがまず大切!


食事の際には、
「炭水化物(ごはん、パン等)」「脂質(脂、バター等)」「タンパク質(肉・魚・豆腐等)」「その他ビタミン・ミネラル等」
がバランス良く含まれていることを意識する必要があります。

カロリー摂取量の目安


1日のカロリー摂取量は、

  • 成人女性で、1700〜1800kcal
  • 成人男性で、2100〜2200kcal

と言われています。

3等分すると、約600〜700kcal。
あと、間食をされる方は、その分マイナスすることをお忘れなく。
(ミルキー120g(普通サイズ)1袋で、430kcalみたいです(笑)。メロンパンも1個でそのくらいのカロリー数になるようです。)

計って記録することは、何でも大切。


1. ごはんの量を計る
ごはん100gで168kcalとのことです。
ご自身のお茶碗で、ごはんが何g入るか、一度計ってみると良いと思います。

もちろん、タニタさんでもデジタル計量秤を出しています。

2. 体脂肪率を計る
通常の体重計は、体重とBMIが出るぐらいですが、
「体組成計」というものを使うと、体脂肪率や、骨密度なども測定できるそうです!(タイプによって測定できる項目が異なるので、購入の際は仕様をよくご確認くださいね)

こちらのタイプは、体脂肪率を気軽に測定できるタイプ(骨密度はありません)
こちらは、骨密度も測定できるタイプです。

記録には、和洋風kaiのするぷさん作の、レコーディングアプリも良いですよ〜♫
記録するだけでなく、食べ物のカロリーも検索できます。

コンビニ食では、幕の内弁当がベスト!!


やっぱり作るの面倒〜ということで、コンビニ弁当主体の生活をされている方もいらっしゃると思います。

コンビニでは、幕の内弁当タイプが、最も栄養バランスも良く、カロリーも多すぎないようです。

その他のお弁当になってしまったときは、野菜が不足気味になることが多いので、サラダを意識して買うようにすると良いと思います。
パン食の場合は、タンパク質の摂取も必要なので、牛乳・豆乳や、豆腐、卵等も追加で買うといいですね^^

秋の始まり、食べ過ぎに気をつけて、太りすぎないよう気をつけていきたいですね♫