iPhoneのバッテリー設定からアプリの使用時間がわかるよ!

シェアしていただけると嬉しいです。

iPhoneについて案外知らないこともあるみーなです。
昨日は、久しぶりにバッテリー設定を見ました。
設定アプリ→バッテリーで確認します。

スポンサーリンク

やりかた。

バッテリー設定を開くと、アプリごとの消費電力の割合が出てきます。

この画面で、右の時計マークをタップすると、アプリごとの使用時間が出てきます。
「画面上」とあるのは実際起動した時間、その他、バックグラウンドで動いている時間も書いてあります。

Facebookは昨日はiPhoneでだけで1時間半も使ったようです。その他Macでも使っているので、2時間以上使っていると思います。自転車旅しながら投稿したりしてましたが、それでも起きている時間の1/10を占めているのは、多すぎです…。

…といったように、反省材料にも使うことができます。
直近24時間の使用時間なので、毎日メモしておくのもいいかもです。



ところで、バッテリー設定で一番やりたかったことは、低電力モードを直したかったのです。
電池の色が黄色くなったら、低電力モードになっていますので、念のため。
設定アプリの「バッテリー設定」から直すことができます。
battery

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします