[資格取得体験談その1] 2ヶ月でFP3級を取得した話(独学)

シェアしていただけると嬉しいです。

少しご無沙汰していた間、様々な資格取得をしていました。(まだ当分続きます)

まず、FP3級の話から。

スポンサーリンク

FPを受験しようと思ったきっかけ

お金とか保険とか、すごく苦手です。苦手なことは、頭に入らないタイプです。

仕事で相続の知識が少〜しついてきたタイミングで、なんとなくFP3級の過去問を見てみたら、「これならいけそう」と手応えを感じ受験を決意。苦手なお金のことにも立ち会っていきたかったというのもあります。

「これならいけそう」が多少読みが甘かったことが後々わかってきますが、勢いで受験申請し、Amazonで問題集を発注。ぽちっ!

FP3級合格のためにやったこと

まずは、どのテキストが良いかの調査。
「みんなが欲しかった!」シリーズの教科書と問題集をしっかり読み込むことにしました。

教科書で勉強して教科書内の問題をまず解けるようにします。
そして、問題集をひたすらやり込んで、覚えてないところは教科書に戻る、の繰り返しでした。覚えていないところだけ、ノートに転記したりもしました。

最初から知識があったのは、社会保険と労働保険の少しの部分と、相続の遺産分割割合のみ。特に不動産はまったく知識がなく、泣きそうでした。

3月25日にテキストがAmazonから届き、5月最後の日曜日に受験だったので、正味2ヶ月、ですが、実質頑張ったと言えるのは1ヶ月ぐらいです。
その1ヶ月間の勉強時間は、1日1〜2時間程度。苦手なことなので集中力は続きません(^^;

まとめとこれから

FP3級は、「みんなが欲しかった!」シリーズで愚直に勉強して、過去問がしっかりできるようになれば、絶対受かる試験です。

3級の受験者は学生も多く、全体的に20代ぐらいの人が多い印象でした。就職活動にも活かせますよね。
ただ、社会人になっていろいろ知識を得てから勉強するほうが、覚えやすいかもしれません。

今後はFPの知識は、自分のライフプランの計算や相続等、自分のために活かしていこうと思います。
2級を受けていく、という気はなく、その代わりに別の資格を取得することを考えているところです。

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします