生姜紅茶を1ヶ月続けてみた

シェアしていただけると嬉しいです。

昨年は、1年で体重が5kg落ちてしまい(現段階で3kgほど戻る)、例年以上に体の冷えが酷くなっていると感じたのが、11月下旬。

このままでは絶対風邪ひくよなー。

たまたま、「生姜力」の本を読んだばかりだったので、生姜紅茶にチャレンジしてみました。

紅茶って体冷やすし頻尿になりやすいし(ただでさえトイレが近い)、特に夜に飲むとトイレが近くなるのではーと心配で、なかなか生姜紅茶に踏み切れませんでしたが、さぁ、どうでしょう。

スポンサーリンク

最初はセオリー通りにやってみた

  1. 生姜と紅茶、黒糖を混ぜたものを1日に5杯ぐらい飲むこと
  2. 生姜は、チューブ生姜でもすりおろしを冷凍しておいたものでも良い
  3. 紅茶も、安売りのティーパックで良い
  4. 朝ごはんは生姜紅茶のみ

みたいなことが書いてあったので、最初はそのまま実行。

黒糖も頑張って買ってきました!

しかし。
まず、「4. 朝ごはんは生姜紅茶のみ」を断念。

朝ごはんをできるだけ食べないようにする理由は、「午前中は消化の時間」だから。
7時ぐらいだと前の日に食べたものがまだ消化できていません。胃に負担をかけないようにし、胃を休ませる時間が必要です。

それは重々承知していますが…。

「朝ごはん食べないのかー!それならしっかり食べておかないとー!!」
と、朝食を食べないことがストレスとなり、前の日の夜ドカ食いするようになりました。それって本末転倒だよね。

あと、黒糖もやめました。
黒糖は精白糖に比べれば血糖値の上昇が緩やかとは言いますが、血糖値が乱高下しやすいのでダメでした。顔がすぐほてるし、糖が切れると眠くなります(特に午前中)。

1ヶ月続けた結果

最初に生姜紅茶を飲んだときは、「うぉー!すげーあたたまる!これはすごい!!」という感じ。
職場では、ティーバッグを水筒に入れっぱなしにし、なくなったら給湯室でお湯とチューブ生姜を補給しました。

次々と風邪でダウンする人が出る中、1ヶ月間風邪をひかずに頑張れたので、たぶん効果があったと思います。
そして、夜飲むことで、体があたたまり、夜中にトイレに起きることも少なくなりました。

末端冷え性の改善も期待しましたが、こちらはまだまだの様子。手足冷たすぎます(笑)。
花粉症にも効果が出ることを期待します。

では明日も良い一日を!

シェアしていただけると嬉しいです。

よろしければフォローお願いいたします