修善寺にできたベアードビール〜交通手段も詳しくご紹介!#ベアードビール

シェアしていただけると嬉しいです。

沼津には、ベアードビールという地ビールがあります。
社長が「ブライアン・ベアード」さんという方なので、ベアードビールです。

以前は、沼津港界隈でビールを生産していましたが、修善寺に新しく工場を作ったそうなので、行ってきました!

3階には、何種類ものベアードビールがいただける「タップルーム」があり、ゆっくりとビールをいただくことができます。

☆広告です☆

スポンサーリンク

交通手段がわかりにくいので、説明します!

電車・バスで行きやすい場所ですが(飲酒する方は、できれば公共交通機関で行きたいですね^^)、少しわかりにくいので説明します。

修善寺に行くには、東京からの「踊り子号」に乗車するか、三島駅より「伊豆箱根鉄道」に乗車する必要があります。三島駅からは各駅停車で30分で修善寺に到着します。

修善寺駅を降りたところのバス停「3番」か「4番」で乗車し、15分ぐらいの「ラフォーレ入口」で下車し(乗車料金300円)、徒歩5分です。

バスは、以下のバスのどのバスを乗っても大丈夫です。


1時間に2本はバスがありそうです。

停留所を降りてからの道のり。


まずは、帰りのバスの時間を確認しておくと良いです。

時刻表を確認したら、レッツゴー!
ラフォーレとは反対側の、田んぼ地帯のほうを道なりにまっすぐ歩いていきます。
ベアードビールに行くまでの案内が全くないので不安になりますが、頑張って歩いていきましょう!

このような看板が見えたら、方向が合っていますので、進んで行ってください^^
(ちなみに今は廃墟となっているようですので、この看板はなくなる可能性があります)

二叉路に来ました。
さぁどっちだ!?
…と思ったら、ベアードビールののぼりが見えた気がします!

張り切って、右に行きましょう^^

茶色い建物が、ゴールです!
バス停から5分程度で辿り着きます。

建物の、このような感じのところから入っていきます。

工場見学もしてきました。


土日祝日は、工場見学「ブルワリーツアー」を、12:30、14:30、16:30の3回行っており、空きがあれば当日参加も可能だそうです^^
(事前予約しておくと良さそうです)

まずは、タップルーム入り口にある、昔の製造設備のご紹介からです。
小さな小さな容器からスタートしました。
昔を忘れないために、ということで、展示してあります。
ブルワリーツアーです。
今日は仕込みだったそうなので、ラッキー♫ でも暑い(^^;
沼津に工場があった頃も見学したことがありますが、当時と比べ物にならないくらい大きな設備がたくさん導入されています。

このビール容器も、沼津にはありませんでした。

「沼津時代は〜」という言葉が目立ち、少し懐かしく、少しさみしい気持ちにもなりましたが、次のステージに進むための投資が成功しますよう応援しています!

出荷量も、沼津時代よりすごく多くなっています!
全国のたくさんの方にベアードビールを知ってほしいです^^

見学後は、タップルームで好きなだけ召し上がれ!!

とってもオシャレな雰囲気のタップルーム、Wi-Fiも完備されています!
軽食(チップス等)はありますが、食べ物の持ち込みもOKとのことです。
オススメは、3種類のベアードビールが味わえる「飲み比べセット」(800円)です。
私は飲み比べセットでは多いので、ハーフサイズ(250ml、500円)を頼みました♫

まとめ。

タップルームが関東にも数件あるため、どちらかというと、県内より、県外の方のほうが知名度が高いビールです。
ベアードビールの県内での知名度を上げるとともに、たくさんの方に観光がてらお越しいただけるととても嬉しいです^^

修善寺タップルームのWEBによると

2015年内には、小さなキャンプ場もオープンし、アウトドア好きやビール好きが宿泊でき、時間を気にせず楽しめるようになる。

とのことなので、さらに楽しみが広がります!!